僕自身のキロクとキヲクを気が向いたら書くというスタンス。
藤子F不二雄展@上田市立美術館
2015-10-17 Sat 21:16
行ってきました。


広々とした展示場でゆっくり見ることが出来た!
お土産も買った(主に自分用ww)




展示物の中でも、先生が上田市に訪れていた写真、最後の有名人のサイン色紙で、たてかべさんの色紙は見入ってしまったねぇ。感慨深くなってしまった。


展示物の中で、やはり原画は見入っちゃったね。セリフの切り貼りとかもちろん、背景の細さがすごかった。この時代の漫画家さんは劇画作家という側面もあるんだよな。
とにかく、線も綺麗。今みたいなパソコンとかで簡単に出来る時代ではなかったわけだから、かなり相当すごい技術だな。

やはり、この展示の魅力は原画。藤子F不二雄の生きた証が、そこに焼き付いていて、胸が熱くなる。

パーマンの原画(複製含む)で、「バードマン」というキャラクターがいるが、これは連載当初は「スーパーマン」だった。パーマンの名前の元になっているが、権利問題かなにかで「バードマン」に差し替えられてしまった。原画において、手書きで「バードマン」と書かれているのがあった。
スーパーマンをバードマンに差し替えるための注釈を見れたのは、なかなか良かった。
あと、「動物変換銃で~」も、もとは「頭クルクルパー」みたいな言葉を差し替えていたんだな。
その、原画の細かいところを見ることが出来てよかった。

前回、グランフロントの時よりゆっくりじっくり楽しめた。冒頭のプロジェクションマッピングもかなり臨場感味わえたしね!!

と、簡単な感想でした。
関連記事
別窓 | ドラえもん
| 書きかけの人生地図 |