僕自身のキロクとキヲクを気が向いたら書くというスタンス。
香りだけ残って
2013-09-10 Tue 14:28
て、残すな!ってぐらい、臭う客が来ました。

レジしながら、息を止めてたけどさ。

なんだろ、あの、雑巾を腐らせたような、いや、腐敗臭?
数メートル先から漂うような臭い。

うー、気持ち悪かった。

さすがに、お客様には言えないよ。でも、しばらく臭い漂っていたからね…他の方の苦情にならなくてよかった。

でも、僕もそれなりに匂いはあるから、気を付けてはいるけど、せいぜい脇の下とか足の臭い程度だよ。うん。

あんなに、臭うって、なんだろ。

太った方だったけどさ、風呂入ってないのか?汗か?あの臭いは尋常じゃなかった。
スルメを腐らせたような…ね。ああいう臭いは、人からしかしない。皮膚が腐った臭いかな。

ま、皆さま、臭いにはお気をつけを。
関連記事
別窓 | 仕事/就職
| 書きかけの人生地図 |