僕自身のキロクとキヲクを気が向いたら書くというスタンス。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
国保税
2012-07-04 Wed 20:29
国保税の減免申請の書類がきたのだが、なかなか減免は厳しい模様。
今、家族と暮らしていて、一応、世帯主は別になっているのだが、同居している形になるので、それで、減免できない(つまり、払えるひといるじゃーん、という)可能性があると。

まぁー、減免申請するけど、もしかしたら、一時的でも父親の扶養家族に入った方がいいかもしれないなぁ。
でも、父親自体、定年迎えて収入は減ったし、何より、現段階で母親は入院していて、その入院にかかる費用もバカにならないので、あまり負担かけたくないのも事実。ただ、まぁ、僕が本当にいつ就職できるかもわからない状況がこの先いつまで続くかわからないから、それも選択肢のひとつにしなきゃならない。いずれにせよ、このままでは払えないからね。

とにかく、まぁ、いちいち面倒なことをしなきゃならないわけだ。

国保税は、年金や奨学金に比べたら手続き面倒やね。

でも、この原理からしたら、もしかすると、年金や奨学金までも、払える人いるじゃん的なことになりかねないが、そうしたら、バカにならないよ、マジな話。

これは、なんか、確かにさ、福祉とかは大切ではあるが、仕事ない人からも搾取しようとするのはシステム的に殺人だと思うけどな。ま、もちろん、そうならないように、きちんと良きアドバイスは下さるだろう。

とにかく、まぁ、自己都合退職には優しくない。ま、自己都合で退職できる力があるから就職も自己都合でできるよね、ということかね?
そんな、自己都合とはいえやむを得ないんだからなぁ。これは本当に。


とにかく、選択肢は広く持たなきゃならない。今はただそれだけ。

システム的に厳しいけど、これはそもそも、払えるのに払わない輩がいたりするからかもしれない。

真面目に今までやってきましたが、なんでもうこんなに厳しいか、なってみたらわかります。

ほんとは仕事したくないし(笑)、選びたくもない。でも、実際できるのが少ないのが現実で、魅力的企業もない。
というか、結局、未経験には厳しいん。ね?



って、話があれだな、ずれてきた。


とにかく、ま、きょうはもうおしまい。
関連記事
別窓 | 雑談
| 書きかけの人生地図 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。