僕自身のキロクとキヲクを気が向いたら書くというスタンス。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
安室×小室
2011-12-12 Mon 09:18
…をもう一度聞きたい。この組み合わせは、ともちゃんやglobeと違い、アーティスト×プロデューサーという感じ。

安室ちゃん自身ですでにセルフプロデュースできるから、TKはあくまでも、楽曲プロデュースて感じに徹してるのかな。小室ファミリーの中でも、自力で頑張ってる。

アルバム出すペースも洋楽アーティスト並で、余分なことをしない感じ。クールビューティーなイメージが強いなぁ。HEY!HEY!HEY!とかで見せるオチャメな一面と、歌・躍りでビシッと魅せる一面。

でもね、実際、安室ちゃんはavexから大切にされてるよね。TRFにしても。TRFに関してはwhere to begin出すまで、6年ぐらいシングル出してなかったし、個々の活動はあったにしても、ブランクを得てしてレコード会社変わらずリリースをしたわけだから。もちろん契約更新あるよね・・・

ここで切らなかったのは、avex邦楽第一号アーティストだからなのか。

逆に、一回エイベから出てヒットすると、avex以外考えられなくなる。アーティストのイメージに付随するレコード会社のイメージ。avexはかなり強い。

例えば、浜崎あゆみ、EXILEあたりが、avex以外で考えられる?EXILEは自分達でレーベルというか、会社立ち上げれるから問題はないかもなぁ。

そこにこだわる人も少ないか。でも、KCOがユニバーサルでソロ出したとき、やっぱり違和感があったもんね。強いて、avex以外でっていったら、ユニバーサルなんだけどさ。
基本的にレコード会社移籍はあまりないのかもしれないけどな。レコード会社はあくまでも、音源を販売する機関であって。アーティスト自身が変わらなければいいんだけど。

avexは柔軟な企業なイメージはあるけどね。

MISIAや槇原敬之なども、avex移籍してきたけど、やはり数年でまた移籍していった。レコード会社によって、違うのかなぁ?マッキーの場合は結構宣伝ついてたよね。GREEN DAYの頃。
globeはavexだけど、レコード会社よりも、小室哲哉のイメージが強い。うん。
関連記事
別窓 | TK/globe
| 書きかけの人生地図 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。