僕自身のキロクとキヲクを気が向いたら書くというスタンス。
ジェラス・ガイ
2011-12-06 Tue 09:04
さて、12月にはいると、師走の忙しさと共に、やはり、ジョンレノンの話をしなければならない季節である。


もうすぐ、あの日が来る、てのもあるんだけど。


ジョンの曲はなぜ人々を魅せるのか。
ジョンの曲に何が隠されているのか。


わかりきったことを言うと、「魂」なんだと思う。


これ、何度も何度もいってるかもしれないけど。
何度でも言う(笑)


悲しさや怒りや喜びなど、すべて、楽曲にぶつける人。
それがジョンレノン。

彼のそばには常に音楽があった。
そこにすべてがあるんだろう。
関連記事
別窓 | THE BEATLES
| 書きかけの人生地図 |