僕自身のキロクとキヲクを気が向いたら書くというスタンス。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
9.11と世界の終わり
2011-09-11 Sun 11:55
あの9.11から10年…覚えてないなー、たしか、高校の先生が、「テロ事件があった」的なこといってて、でもあまり覚えてない。

あとからテレビやなんかで見た記憶がある。リアルタイムでは覚えてない。あまり興味なかったのかも。


ただ、あのあと、小室さんがsong+nationたちあげたり、あゆとKEIKO、倖田來未とBoA、安室とVERVAL(スペルわからん)が歌ってたあのときから10年…。



でも、メニクラも、9.11に触発されて出来たようなもんだよね。世界の終わりという悲劇的状況に愛する人と共にいられることは幸せである、と、一見不幸な状況ではあるが、捉え方によっては幸福な状況に見える、という、よくあるコムロジックww←でも、世界の終わり的ニュアンスは9.11かな。

まぁ、あのときから世界はとまったまま?…あの日が世界の終わり?…そんな解釈もできる。



ノストラダムスの恐怖の大魔王が空から降ってくる的な預言があたった、みたいなことを言うひともいたなぁ。



まぁ、あれを世界の終わりとするなら、3.11は日本の終わり?…そう考えるとぞっとする。ある意味、日本は死んだのだ。そこから、いかに蘇るか…。

言い方としては、瀕死の状態かもね…誰が殺したんだろうね。ってなんか、社会的なあれになりそうだからやめた。でも、現実。

後世に、あのとき日本は死んだって言われないような、復興を…

まぁ、まだなにも始まっちゃいないのさ。

関連記事
別窓 | 時事ネタ
| 書きかけの人生地図 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。