僕自身のキロクとキヲクを気が向いたら書くというスタンス。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2009-08-02 Sun 10:46
 純粋に…思うこと。


 僕は、今まで多くの人々に守られて生きてきた。もちろん、今もそうだ。


 「守る」と「束縛」はまったく違うものだけど…。



 僕は守られてきた、だけど、自分で自分を守るってできていないと思う。



 それは、2年前に財布を失くした時もそうだったけど…。


 そして、今、最近の自分も…そうかも。本当に…気が小さいし、びくびくしすぎ(笑)
 まぁ怖いもの知らずな部分もあるけど、好奇心もあるけど、そのわりに人見知りで人に会う時はかなりアドレナリン放出の緊張しすぎ屋さんで…。些細な事でも気になって、たとえば「駅前の自転車置き場が開いてなかったから路上に止めてきた、不安だ、撤去されていないかな」というのを、数人にメールしたりとか(笑) どんだけ小さいの、気がw





 ま、ちょっと話は脱線したけど…。



 自分さえも守れない人に、「誰か」を守るなんてできるのか…ってちょっと不安に思ったり。
 でも理想は、守り守られ…かな。

 とにかく…僕自身も、誰かのために何か出来る、ちっぽけな事でもいいけど、そういうことができたらいいと思う。
 誰かを守る…っていう責任みたいなものは…まだまだこの僕の小さな器では抑えきれないかもしれないけど、「守る」とか「責任」とか…大袈裟に考えず、生きていきたいなーなんてね。

 ま、実際問題、僕の適当さや責任感のなさってのもあるから、こういう日記の場で大げさに「○○します!」とか言っちゃっても、数日後には忘れているってことになるから、言わない(笑)
 出来ない約束は最初からしない、とはよく言ったものだ。

 でも、そうは言っても…。


 誰かに守られる。誰かを守る。


 それってどういうことなんだろうな。
関連記事
別窓 | 雑談 | コメント:0
<<焼肉 | 書きかけの人生地図 | 疲れた体で覚えているのは 昨日の話題と去年の誕生日>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 書きかけの人生地図 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。